JA書道コンクール手本無料 日本一ゆるい書道手本【2022年 令和4年】

JA共済書道コンクール

2022年 JA共済小・中学生書道コンクール「日本一ゆるい書道手本」

2017年から継続提供中の和様版「JA共済 小・中学生書道コンクール」手本を、2022年も提供します。
※著作権を放棄していません。二次配布、目的外使用も不可です(何かあれば相談ください)
コンクール詳細は「JA共済小・中学生書道コンクール

書道から「みんなと同じ」以外を認めない風潮を考える

「教科書は縦書き、横書きなのに、書道は縦書きだけ?」
「作文も絵も”自由”なのに、書道は書き方も言葉も決まってるの?」
「書道で練習する大きな字 何に使うの?」
もし、子供からこのような質問があったら、きちんと答えられますか?
「決まってる」「伝統だから」と思考停止していませんか?
「日本一ゆるい書道手本」は、デジタル化し、手書きが必須じゃなくなった現在でも、書道(手書き文字)業界の画一化教育を一考してほしいのです。

賛同者続出?3500ダウンロード超え

手本を提供するJA書道コンクールのシェアは全国の小中学校の60%。
もし、お子さんが従来の書道を「つまらない」「苦手」と思っているなら、この手本を使ってください。
JA書道コンクール以外でも、同じ文字数なら構図は参考できます。
前回(2021年版)は、40000ダウンロードと今でも増えています(JA以外だと最新手本である必要性はない)。
2022年版も9月12日時点で3500ダウンロードと好調です。

「とめ、はね、はらい」が苦手→やらなくていい

書道(楷書)の基本「とめ、はね、はらい」が苦手=「書道が苦手」という子供はたくさんいます。
「とめ、はね、はらい」が苦手なら、やらなくていいです。
理由は「とめ、はね、はらい」はデザイン(専門用語で「字形」)で、文字を読むためには不要な「飾り」だから。
JA書道コンクールのルール「学習指導要領の学年別漢字配当表に示す字体」を確認するための文科省サイトは、明朝体ではなく、”とめ、はらい”のないゴシック体を採用しています。
つまり、読むために不要ってわかっているのです。(ゴシック体「心」は字体すらおかしい)。

2022年 JA共済小・中学生書道コンクール課題

2022年の課題画像を掲載しますが、詳細はJA書道コンクールのサイトを御覧ください。

半紙の部

2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本

条幅の部

2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本
2022年 JA書道コンクール手本

過去の手本

TOP