第10回 和様の書展/第3回 クセ字コンテスト

【日本初】現代文だから読める手書き文字の公募展

https://wayoh.jp/wp-content/uploads/614f9b7e168def2e33c4d853098fb78c.jpg
お客さま

書道って難しく、読めないって印象なんですけど…


https://wayoh.jp/wp-content/uploads/3f5b2fde7cc797fe5f0aa9909483022a.jpg
うどよし

書道の“読めない問題”は最大の課題。解決のため現代文の書道「和様」の公募展を開催します。その集大成の公募書展です。


「書道」は昔からある伝統文化と思っている人がいますが、実は、明治生まれの新しい文化なのです。
そのため、明治に近い江戸時代の書(御家流)や歌舞伎や相撲の書も「書道」には入っていません(見たことないでしょ?)。
当然、明治以降に確立していく現代文は、筆よりペンで書いた期間が長く、「ペンで書いている現代文を、わざわざ筆で書く」という発想が生まれませんでした。

現代文の「和様」は日本発祥の「現代アート」

https://wayoh.jp/wp-content/uploads/614f9b7e168def2e33c4d853098fb78c.jpg
お客さま

現代アート=よくわからない」イメージですけど、現代文の和様は、読めるから普通の書道よりわかりやすいのに、現代アート?


https://wayoh.jp/wp-content/uploads/3f5b2fde7cc797fe5f0aa9909483022a.jpg
うどよし

書道が芸術なら、現代にしかない現代文の和様は「現代アート」です。しかも、日本一は世界一ですよ!

現代アートの歴史を超ざっくり書くと「写実表現→抽象表現」です。
現在の書道は、現在使われてない筆記体で書いたり、文字を書かないので文字芸術なのに読めないので実質「抽象表現」です。
一方、現代文は、現代(明治以降)に生まれた新しい日本語で、過去には存在しません。
つまり、書道が芸術なら、日本にしかない現代文の書道「和様」は日本発祥の「現代アート」となります。

会場・日程・その他

名称第10回 和様の書展
第3回 クセ字コンテスト
募集2022年2月21日(月)~25日(金) 必着
日程2022年4月10日(日)~16日(土) 9:30~17:30
※最終入場 最終時間の30分前まで
※最終日は15時まで
会場東京都美術館 1F 第4公募展示室
講演会/
イベント
検討中
ギャラリートーク各15分程度開催予定
TOP