第10回 和様の書展

日本一は世界一「和様の世界」

https://wayoh.jp/wp-content/uploads/e710a141b2d14177526fe1e364e72dc8.jpg
お客さま

「和様」って聞いたことがないけど、新しい書道なんですか?


https://wayoh.jp/wp-content/uploads/3f5b2fde7cc797fe5f0aa9909483022a.jpg
うどよし

和様は国風文化(平安)から続く“日本式の書”です。「現代文」は筆記体を使わない新しい文字なので「和様」がありません。私達は、現代文の和様を構築する文化活動をしています。
※当団体は、楷書は日本発祥の文化ではなく外国文化というスタンスです。文化庁等の「楷書は日本文化」と誤認させる見解とは異なりますのでご理解ください。

当団体は和様専門の文化芸術団体として日本で唯一「和様」に特化した公募展を主催しています。
和様は”日本式の書”なので、日本でしか行うことができません。
そのため、日本一の和様があれば、それは「世界一の和様」となります。

公募展初の「筆記体禁止」で生まれる新たな和様文化

https://wayoh.jp/wp-content/uploads/614f9b7e168def2e33c4d853098fb78c.jpg
お客さま

「筆記体禁止」だと、どうしても楷書になっちゃう。
でも、楷書も禁止…どう表現したらいいかわからない。


https://wayoh.jp/wp-content/uploads/3f5b2fde7cc797fe5f0aa9909483022a.jpg
うどよし

実は、達筆な書き方は、勉強すれば誰でも書けます。ところが、現代にしか存在しない現代文は、筆で書いた歴史がありません。
国風文化で和様を作ったように、現代文でも新しい和様を作ろうという文化プロジェクトです。

書道の公募展は毎日、開催されるほど飽和状態です。
ところが、どの団体も何を書いているのか全く読めません。
書道が読めない原因は、みなさんが勉強不足なのではなく、現在の書道団体が、学校で習わない「筆記体」に依存しているからです。
これが、和様のルールに「筆記体禁止」がある理由です。
※ 東京美術館30%は書道、日本最高峰「日展」の応募数75%以上は書道と他を圧倒している

「文化を作る」機会に出会う100年に1度のチャンス

https://wayoh.jp/wp-content/uploads/614f9b7e168def2e33c4d853098fb78c.jpg
お客さま

「書道」も昔からあるから文化なのでしょ?


https://wayoh.jp/wp-content/uploads/3f5b2fde7cc797fe5f0aa9909483022a.jpg
うどよし

今の「書道」は、明治時代に日下部鳴鶴氏らが作った“古い外国語や古文を書く”新しい文化です。
つまり、私達も文化を作れるのです。

明治にペンが登場し、実用だった毛筆の書は「書道」となり文化領域で発展します。ところが「読める日本語の現代文を書く」という普通のことを誰もやらなくなりました。
そして、書道人口は、平成以降、減少傾向が止まらず、2021年“文化の絶滅危惧指定”「登録無形文化財」を受けてしまいます。
そこで、今までの書道業界が未着手だった現代文をフォローすることで、未来の手書き文化に取り組んでいます。

書展の会場・日程・その他

名称第10回 和様の書展
同時開催 第3回 クセ字コンテスト

募集
2022年2月21日(月)~2月25日(金)必着
日程2022年4月10日(日)~16日(土) 9:30~17:30
※最終入場 最終時間の30分前まで
※最終日は15時まで
入場料10円(案内ハガキ持参で無料 案内ハガキは受付にあります)
会場

オンライン

東京都美術館 1F 第4公募展示室

和様の書展 クセ字コンテスト

審査員および副賞(随時更新)※注意:ガチ審査です

セーラー万年筆 賞
セーラー万年筆㈱
プロフィット ライト 万年筆 ゴールドトリム
文化放送 賞
㈱文化放送
文化放送特製FMラジオ
仿古堂 賞
(株)仿古堂
半紙用筆
呉竹 賞
(株)呉竹
最高級液体墨・磨墨液お試し書き比べ/4本セット
ぺんてる 賞
ぺんてる(株)
アートブラッシュ(カラー筆ペン)18本セット
開明墨汁 賞
開明(株)
開明墨汁製品詰め合わせセット
藝を育む同好会 賞
藝を育む同好会
ペリドットシルバーネックレス
鍛冶屋煎餅 遊名詞 賞
㈲鍛冶屋せんべい
受賞作の遊名詞(レーザー焼付)せんべい30枚(化粧箱詰め)
来場者アンケート 賞
墨運堂
高級墨汁
鎌倉ハム富岡商会 賞
鎌倉ハム富岡商会
布巻ロース布巻ボンレス詰合せ。
シュウマイ 賞
シュウマイ潤
シュウマイ関係の題字の揮毫いただきまシュウマイ
日光印 賞
㈱モリヤマ(日光印)
日光印 四季(練り朱肉)

応募詳細(随時更新)

募集サイズ横 70cm 縦 136cm 以下推奨
※最大全紙サイズ(横70×縦136㎝)まで
※平面作品ではない場合、別途相談に応じます
出品料9,900円(込)
※別途、表具/額装代金がかかります

※一部で慣例の審査に係る「謝礼金」は禁止
額装価格サイズ別 前払い(裏打ち→額装です)
インチ 203*254(作品サイズ 143*194以下) 7,000円
八切  242*303(作品サイズ 162*223以下) 8,200円
太子  288*279(作品サイズ 188*279以下) 9,500円
四切  349*424(作品サイズ 249*324以下) 12,500円
大衣  394*509(作品サイズ 294*409以下) 15,000円
1点ずつ運営&額屋で応募要項の指示を参考に、お客様が作品をより楽しめるようがんばります。(運営一任)
振込先
ゆうちょのみ
ゆうちょから 00160-2-791785
他行から 当座 〇一九店 791785
口座名義 ワヨウショト゛ウカイ
送付先〒113-0034 東京都文京区湯島2-14-12
わよう書道会「和様の書展」作品在中
申し込み後の自動返信メールを印刷同梱してください

※両部門に出品者は同梱可能(封書等で分けて、それぞれにタイトル、氏名記載)
応募基準以下の「和様のルール」を守ること。
・日本語で書く
・続け字、崩し字不可
・楷書不可
※注意事項等は申込時にチェック
主たる筆記具毛筆(デジタル、糸、立体素材も可)
応募方法出品する

【注意事項】
・作品サイズは”「 」”で指定。(「」内側が作品として見える部分です)

審査公開審査/1審査員1賞&副賞
結果発表会期中に公開/会期終了後、Web上で公開
主催わよう書道会
協力 NPO法人おりがみ

※感染症拡大等により政府、都、利用施設の要請での中止の場合、返金ができない可能性があります。

※主催、運営は審査員の変更、中止による応募取り消し等の責任を一切負いません。

※審査員が「該当作品なし」とする場合もあります。
審査員の企業・団体など所属先への問合せはご遠慮ください。ご質問などあれば「わよう書道会」ですべて承ります。

※原則100%展示を行います。予想以上に応募が来た場合、展示できない可能性もあります。

参考作例集 「和様の書展」作品集の販売

額装済 参考作例として役立つ作品集を販売しております。
(クレジット決済のみですが、銀行振込ご希望の方はメールでお問い合わせください。)

名前第7回 和様の書展
公募作品集
第6回 和様の書展
公募作品集
第5回 和様の書展
作品集
画像第7回 和様の書展作品集第5回 和様の書展 作品集 2015
備考A5フルカラー 全54PA5フルカラー 全48P(画像)A5フルカラー 全42P(画像)
価格価格 800円(税込864円)価格 700円(税込756円)価格 700円(税込756円)



 

TOP