和様の書展では審査員を募集しています

現在、第7回 和様の書展では一般企業、団体の審査員を募集しています。書展の日程等の詳細はこちら

大手美術館で書展をやっていない日はありません。
しかも、応募数が日展7,000点、毎日30,000点、読売17,000点、産経7,000点の圧倒的規模(×出品料1万円)。
各団体で入選を繰り返し、審査員になった人が審査をするヒエラルキー。
書家の嗜好と一般人の嗜好に大きな乖離が起こっているように見えます。
床の間がなくなった今、書の需要を生み出す利用者は企業等だと思いました。
そこで、和様の審査では利用者の意見を取り入れるのが一番良いと判断しました。

前回の審査の様子

審査の様子や和様の背景などまとめた動画です。
ご判断の参考にしてください。

審査員へのお願い事項

■審査員にお願いしていること
①和様に賛同してください。
②副賞を提供してください。
③所定の日時に審査をしてください。(初日、午後予定30分~1時間程度)。
■審査員の応募資格
一般の企業・団体(一部個人)にお願いしております。

スポンサーについて

スポンサー企業は、基本的には審査員企業からの募集になります。
1口3万円からになります。
可能な範囲でご協力いただけたらと思います。
優先されたり、大きめに露出されるなどの忖度があります。